読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りもりんGO

カメラと写真と映画

【映画】トゥモローランドの感想


子供の頃に想像した未来都市。空飛ぶ車や、誰でも手軽に行ける宇宙。あの近未来図 でよくあるあれ。

実際、現実になることはなく…まだ車は道路を走っている。


でももし私たちの住む世界とは別に世界が存在していて、その世界にあの頃描いた未来都市が作られていたとしたら、、?



今回は前回のエスケイプフロムトゥモローに続き、ディズニー関連の映画を観ました。


トゥモローランド  (2015)



あらすじをざっくり言うと


ある日、よくいる普通の少女が「選ばれし者」となり地球を救う というようなお話。


【この少女が選ばれし者になった理由】


①この少女の父親NASAに勤めているため、その影響?で機械に強い (頭がいい)。

②地球を救いたい!という願望を持っている。学校の授業で、先生に「地球は救えるの?」と聞いたりしている。

③諦めない性格の持ち主




【この映画の2つのキーワード】


①世界はひとつ

諦めない心



①世界はひとつ

冒頭のNY万博でのシーンに、イッツ・ア・スモールワールドというアトラクションが出てくる。イッツ・ア・スモールワールドのコンセプトは世界平和。


ちなみにこのアトラクションの下に、もう1つの世界へと行くための施設がある。この設定に胸熱。まさかあのアトラクションの下に別世界への扉が隠されているなんて。


そしてこの映画のラストシーン。まるでリアル ”イッツ・ア・スモールワールド”を思わせるシーンがある。世界各国の人たちが一堂に会し、世界を救う。


世界中の皆んなで仲良く、力を合わせよう。世界はひとつ。

というメッセージを感じる。これはまさにイッツ・ア・スモールワールド の歌詞そのもの。





②諦めない心


ディズニーらしい「諦めなければ夢は叶う。」というメッセージ。この映画でいう叶えたい夢とは、


地球の滅亡から人類を救うこと です。


テロが起き、核兵器が落とされ、自然災害が起き 地球が滅亡する未来を見てしまった時。自分の家が変わり果てた姿になる未来を見てしまった時。

普通なら諦めるよね。

でも、この映画では諦めません。

規模がでかすぎて。笑


どんな困難も諦めなければ夢は叶う。というウォルト・ディズニーのメッセージを伝えているのかな。




ディズニーらしかったのは、AA(オーディオ・アニマトロニクス)の登場。この技術は実際に、アトラクションの人形に使われている。


この映画に出てくるAAはリアリティがすぎてほぼ人。ここまでリアルだと私たちの周りにも人のふりしたAAがいるのでは。みたいな想像をしてしまうレベル。


そういえばこのAA、昨日観た「エスケイプ・フロム・トゥモロー」にも出てきたな、、


この映画と同様、首を切られて「人じゃなかったんだ?!」といった風に描かれている。




夢のあるお話ってことで、

とにかくディズニーらしい映画でした。




【映画】エスケイプフロムトゥモローの感想と考察

エスケイプフロムトゥモロー


休暇をディズニーランドで過ごす家族に起こった不思議な話。どこまでが夢で、どこまでが現実なのか、、


この映画が白黒なのは、カラフルなテーマパークの反対を表していると予想。夢と魔法の逆。

白黒にすることで、ホラー感が出てあのアトラクションの人形。たしかに私達が普段あのアトラクションで見ているのはキャラクターじゃなくただの人形なんだけど、、。でも夢のフィルターを通して本当に存在するものとして見ている。無人の園内はゴーストタウンの様で不気味だ、、。


以下、私が受け取ったこの映画の7つのメッセージ(大型テーマパークで起こりうるリスク)


①伝染病(猫インフルエンザ)に感染するリスク


冒頭の家族がテーマパークへ向かうモノレールに乗る前、駅にいる人達が皆、咳をしているシーンで風邪(猫インフルエンザ)が流行っていることを表している。

そしてラストのバスルーム(トイレ)のシーンで主人公が猫インフルエンザに感染してしまったことがわかる(ここでこの映画が白黒で良かったと心から思った)


多くの人々が集まる大型テーマパークでは、病気が移るリスクが高まるということを表している。



②子供が迷子になり拉致される?


この映画では主人公と子供がはぐれてしまうシーンが度々ある。迷子になりやすいということを表している。


そして終盤のいなくなった子供を主人公が助け出すシーンで

子をさらった謎の魔女?が「(子供を)ちゃんと返すわよ。気づかない親もいるけどね。」と言うシーンがあるので人さらいだってあるのよ。という意味だと予想。実際はないと願う。


この魔女何?!って思っていたけどこの人は過去にプリンセスだった。予想だけどこの女は子供が欲しいのにいない。もしくは居たけど失った。そのため子供を拉致る。。あれ?でも主人公が子供を助けるシーン、、フェイクの子供が1人いたな。あの子供は魔女の実の子供?それとも誰かから拉致った子供?(ぞわ、、)幸い主人公は連れ去られた子供を取り返すことに成功する。


③テーマパークでは喧嘩がつきもの


この映画では常に夫婦がピリピリしていて、夫が妻にスキンシップを取ろうとすると妻は拒否する。このようなシーンは2回くらいあった。子供はぐずるし、イライラしている。せっかく夫が妻にあげたプレゼントも「好きなキャラクターと違う」と言われてしまう。


④愛想を振りまくプリンセス


魔女(?)「プリンセスは高級売春婦。アジアの成金から大金を叩いている。常に笑顔なんて無理よ。」やめて、、 



⑤裏組織、陰謀説


主人公が連れ去られる謎の施設。そこはスペースシップアースというアトラクションの下にある。そこにはなぞの博士?がいて、意識を失っていた主人公が目を覚ますと「父親が幼い君を連れてきた。閉園時間とほぼ同じ時間だったはず。」と語りかける。こわっ。。


ここでのシーンは色々想像ができるけど、こわすぎて頭が混乱。まだそのセリフの意味が分からない。園内をモニターでチェックする博士。この施設が何のためにあるのか私には分からなかった。。誰か解説して。。


⑤車椅子の男


この人が性格悪すぎて。度々登場するキーパーソンなのだけど、なぜ登場してるのか分からん。アメリカだと車椅子に乗る人のイメージが悪いのかな?予想だけど、ディズニーって車椅子の人を優先するからその事についての何らかのメッセージ?仮病を装って早くアトラクションに乗ろうとする奴がいる。とかそんな意味かな?そこはちょっとまだ考えがまとまらない。


⑥フランス人女性2人


この2人ずっと登場しているんだけど、何?このフランス女性2人は主人公を誘惑する。そして最後は、あっさり吐き捨てる。何を表している?

フランスとディズニーに何かあったの?あの博士はフランスのことをディスってたけどなぜそんな風に扱っていたのか謎。フランスとディズニーランドの関係が気になった。


⑦テロが起こりうる


これは主人公の幻覚?夢?に出てきた。



【気になったシーン】


・主人公の子供サラが転んで怪我をしたため(転ばせたのはあの車椅子の男、、)救護室で看護師さんに治療してもらう。治療が終わって2人は去るのだけど、その後 看護師さんがいたたまれなさそうに泣き出すシーン。。涙した(もしくは笑っていた?)意味って何だろう。。


・映画のラスト。ジム(主人公)の遺体が乗った車がホテルのコンシェルジュの目に入った時。そこでなんと彼が笑う。それも堪えきれず、こぼれ落ちるように笑う。喜んでいるように見えてしまった。それとも「またか…」と呆れ笑いをしたのか。


・謎の施設の博士が主人公に首を切られた後「君を助けようとしたのに。」と言う。ちなみにこの博士はロボットだった。人間にそっくりすぎるロボット、、。なぜパークにいる人々を監視していた?味方?敵?


・あと主人公が謎の施設に連れ去られる際の、股間にビームww 急にSF感。


こんな感じです。

色々と詰め込まれているので、拾っていくのが大変。集中して(私はメモを取りながら)観ないと訳が分からなかったと思う。



汚いシーンあるけど一応モザイクかかってます。


夢の国にいる時くらい現実逃避したいよね、、